技術情報

はじめに

「パテ」:せっこうボード用目地処理材(ジョイントコンパウンド)です。JIS A 6914の規格に沿って日本国内で製造しております。各商品やケース、カタログに記載してある用途や条件以外でのご使用はお避け下さい。
正しく安全に施工して頂くために、ご使用の前に必ず「使用方法」「注意事項」等をお読み下さい。

パテに関して
  • 目地処理には、基本的にファイバーテープ等を併用して補強して下さい。
    補強しない場合は、目地部にクラックが発生しやすくなります。
  • 下地の種類・状況(せっこうボードカット面等)に応じてシーラー処理を行って下さい。
    また仕上げ(クロス・ペイント)を行う際にもその種類に応じて、専用のシーラーを施して下さい。
  • パテを混練する際は常温の清水をバケツなどに用意し、そこに粉末(パテ)を投入し、よく攪拌して下さい。
  • パテは可使時間内に使用して下さい。 前回の練り残しや異物(セメント・砂等)の混入は行わないで下さい。
  • 次の工程に進む前に、パテやシーラーの乾燥(硬化)を確認して下さい。
  • パテを極端に薄塗りした場合には、硬化不良(ドライアウト)が発生し、強度が弱くなる恐れがあります。
  • 異常な高温時・多湿条件下、あるいは気温3度以下での施工は避けて下さい。(変質や劣化を防ぐため)
    また保管に関しても同様に、異常な高温・多湿条件下、あるいは凍結が起こるような場所は避けて下さい。
安全に関して
  • 商品をご使用される際、保管される際には、お子様などの手の届かない所で行って下さい。
  • 誤って、パテの粉などが目・鼻・喉などに入った場合は、直ちに清水で十分に洗浄して下さい。
    (万一、炎症などが見られた場合には専門医の処置を受けて下さい。)
  • 弊社商品のパテ類については、ホルムアルデヒド放散建材を定める規制の対象外製品となっております。
  • 弊社ではお客様により安心してお使い頂くために、ホルムアルデヒド放散等級自主表示制度に基づき、全品種「F☆☆☆☆」を登録済・表示しています。
    またクロルピリホスについても、弊社商品には原料を含め一切使用しておりません。
  • パテや副資材の残材等は、各地域や現場での規制に従って処理して下さい。
※商品に関する詳しい情報は、弊社ホームページや安全データシート(SDS)をご参照下さい。
その他、ご不明の点やお気づきの点がございましたら、弊社までお問い合わせ下さい。